フロリアン・クラール – 東京, 日本

共有ボタン


FLORIANクラール


1968
シュトゥットガルトに生まれます (ドイツ)
1987 – 1994
彫刻の研究, 国立芸術大学シュトゥットガルトでの空間演出
2001 – 2002
東京の武蔵野美術大学彫刻学科の教育 – 日本
2002 – 2005
カリフォルニア州ロングビーチにあるカリフォルニア州立大学のメディアアートと彫刻の助教授 – 米国
2008 – 2012
多摩美術大学彫刻学部助教授 – 日本
日本、ドイツ在住.


東京ミッドタウン, Minato-Ku, 東京, 日本.


フロリアン・クラールは生まれたドイツのアーティストです 1968 シュトゥットガルト. 彼は風景画を学びました, シュトゥットガルト国立芸術大学のメディアアートと彫刻.


に日本に引っ越した 1994, メディアアートを教えた, 武蔵野美術大学と多摩美術大学でのインスタレーションと彫刻. の 2002 へ 2006, 米国カリフォルニア州ロングビーチにあるカリフォルニア州立大学でビデオアートと彫刻の助教授としてフルタイムで教えた, 彼が数年住んでいた場所. 彼は世界中の様々な大学や芸術施設でゲストレクチャーを行ってきました. 彼女の作品は、舞台装置や映画プロジェクトから、ランドアートインスタレーションやパブリックアートの大規模な作品まで多岐にわたります。.


フラグメントn° 5 洞窟ルナリス – 2005


FRP, スチール, アルミニウム, 12,0 バツ 6,0 バツ 4,6 メートル. 東京ミッドタウン六本木ビル. 東京, 日本. フロリアン・クラール.


 



ムーブメントNo.9 – 2015

アルミニウム – ステンレス鋼, 7.2.m x 3.4m x 3.0m

MRT桃園駅/台湾





 








 

Sound field VによってFlorian Claar – 地平線 “芸術自然” サンシーの 2017 – #11


パブリックアートの市長の委員会は21世紀の金沢美術館にあります (2004), au東京ミッドタウン (2006), 盛岡文化会館 (2005), オーダーンパーク台北 (2010), 杭州大運河プロジェクト (中国 / 2011), Nagoya Mode Gakuen (2008), ベネッセ多摩ビル (2014), 桃園国際空港 (台湾 / 2014). 彼の展示プロジェクトには、横浜トリエンナーレが含まれます 2001, 「ソラリス»アーツ福岡 (2001), 最近の発掘X線アートスペース (2002) «Solaris – セカンドベッドルーム»ヴァイスフェルト (東京 / 2006), 神戸ビエンナーレ (2007), «マイクロ- コスモスデフロリアンクラール “青森美術館 (2007),” 船プロジェクトパートI – フライング・ダッチマン (横浜 / 2008), “パートIII船プロジェクト – ノストロモ (2008), パートII船プロジェクト – アートラインプロジェクト玉川のファフニール (2008) “船舶プロジェクトパートV – フランケンシュタインとマーラー (OAG東京ハウス / 2010),” パートIV船プロジェクト – モリーアイーダ (花蓮, 台湾 / 2011) ” ベネッセビル多摩 (2014), 桃園国際空港 (台湾 / 2014). 彼の展示プロジェクトには、横浜トリエンナーレが含まれます 2001, 「ソラリス»アーツ福岡 (2001), 最近の発掘X線アートスペース (2002) «Solaris – セカンドベッドルーム»ヴァイスフェルト (東京 / 2006), 神戸ビエンナーレ (2007), «マイクロ- コスモスデフロリアンクラール “青森美術館 (2007),” 船プロジェクトパートI – フライング・ダッチマン (横浜 / 2008), “パートIII船プロジェクト – ノストロモ (2008), パートII船プロジェクト – アートラインプロジェクト玉川のファフニール (2008) “船舶プロジェクトパートV – フランケンシュタインとマーラー (OAG東京ハウス / 2010),” パートIV船プロジェクト – モリーアイーダ (花蓮, 台湾 / 2011) ” ベネッセビル多摩 (2014), 桃園国際空港 (台湾 / 2014). 彼の展示プロジェクトには、横浜トリエンナーレが含まれます 2001, 「ソラリス»アーツ福岡 (2001), 最近の発掘X線アートスペース (2002) «Solaris – セカンドベッドルーム»ヴァイスフェルト (東京 / 2006), 神戸ビエンナーレ (2007), «マイクロ- コスモスデフロリアンクラール “青森美術館 (2007),” 船プロジェクトパートI – フライング・ダッチマン (横浜 / 2008), “パートIII船プロジェクト – ノストロモ (2008), パートII船プロジェクト – アートラインプロジェクト玉川のファフニール (2008) “船舶プロジェクトパートV – フランケンシュタインとマーラー (OAG東京ハウス / 2010),” パートIV船プロジェクト – モリーアイーダ (花蓮, 台湾 / 2011) “.


 

 

バージニアManeval

私はジャン・ベンジャミン・マネヴァルの娘です, 特にBulle Six Coquesを作成した有名な都市建築家, ポップ時代のプラスチック製の家. FacebookページのBubblemania.frまたはJean Benjamin ManevalのLa Bulle Six Coquesでも私を見つけることができます。.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.