K107耐震カプセル – メキシコ, メキシコ

共有ボタン

ページFacebook : カプセルK107


ReynaldoVelaCoreñoが設計および開発 K107カプセル


プロジェクトK-107メキシコ

その形は楕円形です. 粉末チタン合金と鋼でできています, それはあなたの家庭用冷蔵庫よりも大きくはありません, そのバッテリーとそれが保存する食物は1ヶ月まで続く可能性があります. K-107です, 地震の際にあなたの命を救うことができるカプセル. に関連していますが’ 全国地震サービスアラート , UNAMエンジニアReynaldoVelaCoreñoによって設計されたカプセル, 安全バックアップとして独自のアラートがあります. メキシコの専門家は、国立科学技術評議会の情報機関に説明しました (Conacyt) 地震が発生すると両方のアラートがアクティブになります, 人が内部で彼らの場所をとるとき, ソフトウェアは範囲を示します, 震えの持続時間と持続時間 .

K 107 人間が消費するための水システムとマスク付きの酸素タンクがあります. カプセルは、独自のリチウム電池バンクを搭載しています, LED照明付きで、GPSシステムが 18 その位置を容易にする衛星 , 電気通信が影響を受けても.

VelaCoreñoは、各カプセルのコストはおよそ 22 000 材料が輸入されているのでペソ. 水タンクは6ヶ月ごと、酸素タンクは6ヶ月ごとに交換するだけなので、メンテナンスも簡単です。 30 月. モデルは地震専用ではありません . また、浮くことができるため、洪水の際に人々を保護することができます; 火事, 気密だから, 火山の噴火の間に放出される熱可塑性ガスでさえ, これらの場合、気温が摂氏1000度を超える可能性があるため、短時間ですが.

このカプセルは生と死の違いかもしれません, がれきに引っかかっていても ! カプセルは航空宇宙産業からの材料で作られています, もっている 30 規定の日数: パワーバンク, 食物と糞便コンパートメント. カプセルは、地震の影響を受けたTlatelolco複合ビル内の建物に寄付されます。 19 9月。.


 


HTTPS://www.facebook.com/MilenioDiario/videos/10155453253768500/


カプセル, そこに入る人を保護することに加えて, 酸素を含む密閉容器を提供しています, 水と食べ物. それを区別するすべてのデザインと特徴はVelaによって作成されました (自分自身) と彼のパートナー, イタリア人デザイナーFlavioMericio. エンジニアによると, このモデルのもう1つの利点は、寸法を大きくして対称性を維持できることです。, 同じ抵抗で. これは彼らが子供のために1メートルの高さのカプセルを設計した方法であり、 2,10 大人のためのメートル.


今のところは, キャビンのプロトタイプは、メキシコシティ空港近くのワークショップで手作りされました. セロンレイナルドヴェラ, このようにして、毎月約50を生産することが可能になります. “それは完全にフィットします, 使い始めたら, 不快ではありません”, ヴェラは言った, メキシコシティエンジニアリング賞を受賞 2009.


K-107カプセルは、その抵抗を高めるために航空宇宙材料で作られています. 地震警報システムに接続され、生存者に震えの詳細を知らせることができるソフトウェアを介して情報を受け取ります. もっと, 人がカプセルに閉じ込められたり埋葬されたりした場合, あなたは酸素を節約することができます, 中の水と食べ物 30 日, 救助は、デバイスのGPSを追跡することにより、ジオロケーションによって実行されます。. “故に, 石油または冶金業界の耐性材料を考えました, そして、最高の材料は航空宇宙産業から来ていると結論付けました. また、機首が以上の摩擦力に耐える飛行機についても考えました。 800 キロ / 時間” ヴェラは説明した.


耐震カプセルが製造されているメキシコでのワークショップ…


Kの船体 107 複合材料でできており、それぞれが引張強度などの特定の強度に反応します, 圧縮, せん断と曲げ.


カプセルK 107 エレガントなデザイン, チタン粉末と鋼の合金でできています.


“そのため、プロパティの崩壊時にチームメンバーが影響を乗り切る可能性を保証または向上させることができるマテリアルサンドイッチがあります。, 地電流によるものか自然災害によるものか”, 彼は宣言しましたか. ヴェラチーム, エンジニアで構成, 地震学者, 力学の, 地球物理学の専門家、さらには原子核物理学者, メキシコ盆地が9度以上の地震にさらされていることを認識している, エンジニアがほぼ10年前に警告したように. 自律メトロポリタン大学の教室.


“このアイデアで, 私はこの大きな地震の未来を生き残る可能性を高めるために働き始めました、そしてそれはKがどのように 107 生まれました”, エンジニアは言った. カプセルはで提示されました 2017 国連の招待でイタリア宇宙機関の本部で (HIM-HER-IT). “メキシコに代わって発明を発表しました, 国連に受け入れられました. GPSに非常に興味のあるイタリアの宇宙機関にもそれを提示しました”, 発明者を宣言した. しかしながら, 最初の目標は、メキシコ盆地のすべての居住者とリスクの高い地域に住むすべての人間がアクセスできるようにすることです。. 発明, 概して, 洪水から人々を保護するように設計されています, 津波または地滑り. “乗組員の生存の可能性を高める装置について話している”, 彼は宣言しましたか.


地震からほぼ1年 19 九月, メキシコ人は差し迫った地震に直面して生き残るための解決策を持っている可能性があります: K-107カプセル. SputnikはエンジニアのReynaldoVelaに話しかけました, 発明の作成者, capable de résister à l’effondrement d’un bâtiment et de fournir de l’oxygène, de l’eau et de la nourriture au survivant pendant 30 日. L’idée d’une capsule qui détecte l’activité sismique et protège les personnes de l’effondrement est née au Mexique il y a huit ans sur le campus de l’Université autonome métropolitaine de Azcapotzalco.


En principe, nous avons répété virtuellement avec plus de 2 000 figures géométriques et nous avons donc déterminé le modèle de l’œuf, qui est la forme de plus grande résistance dans les hémisphères”, a déclaré Vela à Spoutnik. «À partir de ce moment, nous avons commencé à étudier les différents types d’oeufs jusqu’à ce que, avec l’aide d’un paléontologue, nous obtenions la forme d’œuf en vélociraptor, qui est complètement symétrique et convexe au niveau des pôles. K107カプセル “, 彼は付け加えました.


へ 29 年, il a mis au point un système de protection de la vie dans une perte de grande ampleur. プロジェクト, qui a déjà obtenu un brevet, sera annoncé publiquement le 18 九月 2015, un jour du 30e anniversaire du tremblement de terre de 1985. Ingénieur de l’Université autonome métropolitaine (UAM), a créé un dispositif en forme de capsule capable de résister aux glissements de terrain et aux grandes quantités de débris et de fournir des provisions pour un maximum de 30 日, antisismique .

レイナルドベラコレーニョ, originaire de Tepotzotlán, dans l’État de Mexico, est le prix d’ingénierie décerné à Mexico en 2009.




Un ingénieur mexicain crée une capsule résistante aux tremblements de terre.


La capsule en forme d’oeuf est la capsule idéale pour résister aux forces d’impact telles que l’effondrement d’un bâtiment.


Le jeune ingénieur a produit environ 30 capsules en moyenne par mois depuis 2015, mais depuis les tremblements de terre des 7 と 19 septembre de l’année dernière, la demande a atteint 8 000 ユニット, ヴェラは説明した.


Une catastrophe naturelle telle qu’un tremblement de terre est une situation potentiellement mortelle, difficile à prévoir et à protéger. Bien que des alarmes sismiques existent, elles ne permettent parfois même pas assez de temps pour trouver un endroit sûr.


Cette capsule, appelée K107, a été mise au point par l’ingénieur Reynaldo Vela. Cet appareil peut accueillir jusqu’à deux personnes et est capable de résister non seulement aux tremblements de terre.. Il a expliqué qu’après de nombreuses analyses, la capsule, qui présente quatre modèles et des niveaux de résistance en fonction des besoins en charge gravitationnelle de chaque construction, a pris la forme d’un œuf de vélociraptor, car elle permet de préserver la durée de vie de l’œuf. les gens de la meilleure façon. La capsule est également connectée aux signaux des brides sismologiques et de sauvetage K107, tandis que les informations sur ses avantages ont déjà été présentées aux Nations Unies et à l’Agence spatiale européenne. Vela a expliqué que le blindage de cette solution technologique intègre la fibre de carbone, les alliages acier au titane, ainsi que divers équipements électroniques lui permettant d’établir une communication à l’étranger, c’est-à-dire qu’il peut être utilisé dans tous types de bâtiments, y compris ceux présentant un intérêt social . 最終的に, il a indiqué que la Capsule K107 avait un poids, selon son modèle, の 60 へ 800 kilogrammes et un prix allant de 40 000 へ 250 000 pesos.

Devant un grand groupe de voisins du quartier Hipódromo réunis au Lindbergh Forum of Mexico Park, l’ingénieur, inventeur et entrepreneur résident du quartier rom, Reynaldo Vela, a présenté la Capsule du salut K107, conçue pour sauver la vie de les gens en cas de séisme de magnitude importante.


La capsule K107, qui tire son nom de la classe UAZ Azcapotzalco dans laquelle l’idée a été développée, a la capacité de protéger la vie d’une personne et même d’animaux domestiques pendant 30 日, dans des conditions stables et avec la de pouvoir répondre aux besoins d’alimentation, de respiration et de physiologie, ainsi qu’à tous ceux qui peuvent apparaître au cours de cette période.

Il existe différents modèles en fonction du type de sol, du bâtiment et des matériaux où ils seront installés.




Nous utilisons divers matériaux, du kevlar à l’alliage de poudre de titane avec de l’acier dans le cadre.






 


 

 


Survival capsule Egg K-107 En cas de séisme, réfugiez-vous !!!






Afin de sauver des vies au cours d’une égale ou supérieure tremblement de terre qui a eu lieu en 1985, Reynaldo Vela Coreno, Prix Génie Civil de la Ville du Mexique 2009, présente son projet K107, dont le pays est mis à l’avant-garde matière de protection civile.






 

バージニアManeval

私はジャン・ベンジャミン・マネヴァルの娘です, 特にBulle Six Coquesを作成した有名な都市建築家, ポップ時代のプラスチック製の家. FacebookページのBubblemania.frまたはJean Benjamin ManevalのLa Bulle Six Coquesでも私を見つけることができます。.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.